ロレックスを売るならどれ?年代別人気ランキング

basic

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

ロレックスを購入する際は、売る時の買取率も考えて判断した方がいいかもしれません。
ロレックス以外のブランド時計の多くは発売から時間の経過とともに価値も下がっていく傾向がありますが、ロレックスはその時々の相場で買取価格が大きく変わったり、中には逆に価値が上昇して買った時より高く売れるようなモデルがあるからです。
そこで今回はロレックスで人気があり高く売れるモデルを年代別に紹介していきます。

ロレックスの人気の秘密

高級時計と言えば「ロレックス」。腕時計に興味がなくてもロレックスを知らない方は少ないのではないでしょうか。
世界中で人気・知名度の高いロレックスですから、持っているだけでステイタスになります。人気がある=需要があるということなので、中古時計市場も高値で取引されます。高値で取引されるということは、当然資産価値も高くなります。そのため、ロレックスを投資対象にしている腕時計投資家も存在するほどです。

ちなみに、ロレックスの買い取り情報はこちらのサイトでも詳しく紹介していますので、興味がある方は是非ご覧ください。

20~30代 ロレックス買取人気ランキング更新日:2018/05/02

1位

エクスプローラー214270

ロレックス
エクスプローラー

Ref.214270

2位

116200

ロレックス
デイトジャスト

Ref.116200

3位

116710LN

ロレックス
GMTマスター2

Ref.116710LN

4位

116610LV

ロレックス
サブマリーナデイト グリーンベゼル

Ref.116610LV

5位

116710BLNR

ロレックス
GMTマスター2 黒青ベゼル

Ref.116710BLNR

1位:エクスプローラー Ref.214270

エクスプローラー214270

人類未踏の地へチャレンジする探検家(エクスプローラー)のために開発されたモデル、エクスプローラーⅠはカレンダー無しの3針という究極のシンプルデザインです。2010年にケース幅が36mmから39mmへサイズアップし、2016年までの間インデックスの3・6・9がブラックアウト仕様となっています。2016年からは3・6・9に再び夜光塗料が乗るようになるのですが、同じモデル番号でありながらこの細かい仕様変更を楽しめるのもロレックスの醍醐味と言えます。
エクスプローラー買取サイトはこちら

2位:デイトジャスト Ref.116200

116200

2006年に登場したデイトジャスト116200はスムースベゼルにオイスターブレスという特徴からドレスウォッチでありながらスポーティーな雰囲気も併せ持つ、ビジネスマンにピッタリな腕時計です。素材・文字盤の色・インデックスの種類で表情が大きく変わる面も、このモデルの特徴です。流行に左右されず、常に人気です。
デイトジャスト買取サイトはこちら

3位:GMTマスター2 Ref.116710LN

116710LN

2007年に他のスポーツモデルに先駆けてセラミックベゼルが採用され強度が増し、退色も防ぐようになりました。
旧モデルでは赤色だったGMT針が、ロレックスのコーポレートカラーである緑色へ変更され全体が引き締まった印象です。シンプルなデザインから、どの年齢層からも高い評価を得ています。2013年に黒・青の2トーンカラーベゼルの116710BLNRが登場してからは少し影を薄めつつありますが、買取相場は安定して高いです。
GMTマスター買取サイトはこちら

4位:サブマリーナデイト グリーンベゼル Ref.116610LV

116610LV

ロレックスのコーポレートカラーである緑をベゼルと文字盤の両方に採用したサブマリーナデイトです。
目に飛び込んでくる色が全て緑である事から通称「ハルク」と呼ばれています。発売当初から人気が高く、今でも品薄の状態が続いています。緑という穏やかなカラーを大胆に採用しながらも高級感溢れる印象はロレックスだけが表現できる魅力と言えます。

5位:GMTマスター2 黒青ベゼル Ref.116710BLNR

116710BLNR

2013年にロレックスで初めて2トーンカラーのセラミックベゼルが採用されました。セラミック素材に色を付ける事と、その色の境目を綺麗に出す事が非常に難しく高度な技術が必要とされますがその問題を見事にクリアし新規のユーザーの心も掴みました。
歴代のGMTマスターには無い黒・青の配色から「バットマン」として親しまれています発売以来、常に入手困難なスポーツモデルのひとつとして位置付けられています。

40代 ロレックス買取人気ランキング更新日:2018/05/02

1位

GMTマスターII 16710

ロレックス
GMTマスター2 黒赤ベゼル

Ref.16710

2位

サブマリーナ14060

ロレックス
サブマリーナ

Ref.14060

3位

エクスプローラー14270

ロレックス
エクスプローラー

Ref.14270

4位

エクスプローラーII16570

ロレックス
エクスプローラー2

Ref.16570

5位

サブマリーナデイト16610

ロレックス
サブマリーナデイト

Ref.16610

1位:GMTマスター2 黒赤ベゼル Ref.16710

16710

2016年から2017年にかけて大幅に相場が上昇したモデルのひとつです。
ベゼルのカラーバリエーションが黒、黒・赤、青・赤とありますが、その退色を楽しめるのもGMTマスターの醍醐味と言えます。1999年の発売当時はサブマリーナやエクスプローラーの陰に隠れた存在でしたが、今では通称「ペプシ」や「コーク」と呼ばれる2トーンのカラーベゼルに人気が集中しています。
2017年9月時点では現行の116710LNの中古相場よりも高くなっている物も多いです。
GMTマスター買取サイトはこちら

2位:サブマリーナ Ref.14060

サブマリーナ14060

ダイバーズウォッチの原型を築いたとも言えるサブマリーナの日付無しのモデルです。
1954年の発表以来大きくデザインを変える事無く幅広い世代に支持されていて防水性能が300mにアップした最初のモデルです。1989年~2000年まで生産され、ここ数年で相場が大きく上昇しました。2017年時点では2000年当時の定価を上回る価格で取引されているので、手放す際もご満足頂けると思います。2012年に発売された現行モデルの114060はベゼル・夜光・ブレスレット等の仕様変更があり、耐久性も視認性も格段に良くなりました。
サブマリーナ買取サイトはこちら

3位:エクスプローラー Ref.14270

エクスプローラー14270

2000年前後のロレックスブームの時にエクスプローラーⅠは爆発的人気を誇りました。
エクスプローラⅠは1953年の登場以来愛され続けているロレックスのフラッグシップモデルです。シンプルなのであらゆるシーンにマッチします。
また高額時計でありながら価格帯は現実的なので比較的、手に取りやすいモデルでもあります。シンプルで視認性も抜群なので、10年、20年と長期間着用されている方も多いです。
エクスプローラー買取サイトはこちら

4位:エクスプローラー2 Ref.16570

エクスプローラーII16570

過去に大ブームを巻き起こす事もなく2011年にその幕を閉じたエクスプローラーⅡ16570ですが
近年のスポーツモデルの高騰に伴いジワジワと人気が高まり相場も上がってきました。基本的には黒文字盤の方が人気が高いのですが、白文字盤への注目も高まってきています。現行の216570が42㎜とサイズアップし、賛否両論ありますが40mmの旧型16570へ回帰される方も多いです。

5位:サブマリーナデイト Ref.16610

サブマリーナデイト16610

1989年に登場し約20年余り販売されたロングセラーモデルです。
その為、出回りの数が多く価格も大きく高騰せずに落ち着いていたのですが、最近の旧型モデルの人気により
相場がぐっと上昇し買取価格は当時の定価を優に上回っています。
現行モデルの116610LNとデザインは変わらずダイバーズウォッチの定番として今も年齢問わず人気があります。

50代 ロレックス買取人気ランキング更新日:2018/05/02

1位

デイトナ16520

ロレックス
デイトナ

Ref.16520

2位

ヨットマスター16622

ロレックス
ヨットマスター

Ref.16622

3位

16610LV

ロレックス
グリーンサブマリーナ

Ref.16610LV

4位

ターノグラフ116263

ロレックス
ターノグラフ

Ref.116263

5位

エアキング14000M

ロレックス
エアキング

Ref.14000M

1位:デイトナ Ref.16520

デイトナ16520

ロレックスの中でも憧れのモデルとして知名度NO.1モデルのデイトナ。
1988年からゼニス社のエル・プリメロが搭載されたムーブメントが使用され、2000年まで製造されていましたが自社ムーブメントが搭載された116520の発売により生産が終了しました。
通常モデルは最終品番のみにプレミアが付き大幅に値上がりする場合がありますが、デイトナの場合は最終品番であるP番以前でもエル・プリメロが搭載された旧モデルは全体的に相場が上昇しています。
また発売当初は黒文字盤の人気が高く黒文字盤と白文字盤での買取価格に差がありましたが、2016年に116500LNが発表されると白文字盤の人気が高くなり16520の白文字盤の相場も以前より上がりました。
デイトナ買取サイトはこちら

2位:ヨットマスター Ref.16622

ヨットマスター16622

ヨットマスターはヨットやクルーザーのオーナー向けのラグジュアリーラインとして発売されたモデルです。サブマリーナなどとは異なり潜水用モデルではないため防水性は100mとなります。
発売当初は無垢モデルのみでしたが1999年に文字盤とベゼルリングにプラチナ950を使用したロレジウムが登場しました。ロレックスのスポーツモデルの中で唯一、メンズ・レディース・ボーイズの3サイズ展開があることでも知られています。スポーツモデルの中でも高級感があるヨットマスターはワンランク上の時計として人気があります。
ヨットマスター買取サイトはこちら

3位:サブマリーナデイト グリーンベゼル Ref.16610LV

16610LV

通称「グリーンサブ」と呼ばれ2003年にサブマリーナの生誕50周年を記念して発表されました。
リファレンスの「LV」とは、フランス語でLunette Vert:グリーンベゼルを意味しており、発売当初は限定生産と推測されていましたが、その後、定番モデルとして定着しました。
サブマリーナの中には通称「ライムベゼル」と呼ばれる淡いグリーン色のベゼルや、ベゼルの数字「40」の「4」の空白が台形の「ファット4」「フラット4」、ダイヤルの6時位置の「SWISS MADE」表記が大きい「ビッグスイス」と呼ばれるレアな個体があり買取価格が高騰しています。
レアモデルは初期生産の個体に見受けられるので意図せず高額買取になる可能性もあるかもしれません。
サブマリーナ買取サイトはこちら

4位:ターノグラフ Ref.116263

ターノグラフ116263

サンダーバードの後継機として2004年から約10年程製造されました。
デイトジャストというドレスウォッチでありながら、回転ベゼルがついていてスポーティな印象を受けます。
これはドレス系、スポーツ系という枠にとらわれない「ターノグラフ」独自のジャンルを切り開いたと言えます。中でもロレックスのコーポレートカラーである緑を秒針と文字盤のフォントに使用した日本限定モデルの人気は国内外で高まっています。

5位:エアキング Ref.14000M

エアキング14000M

スポーツモデルの様な無骨さやデイトジャストの様な華やかさは無く、シンプルでシーンを選ばずに着用出来ます。
文字盤の色やインデックスの種類が豊富なので物によってガラリと雰囲気が変わります。ケースが34mmと小ぶりな為女性でも違和感なく着用できるサイズです。
2016年に現行モデルの116900が発売され、文字盤のデザインが大きく変更されました。

60代 ロレックス買取人気ランキング更新日:2018/05/02

1位

デイトナ16523

ロレックス
デイトナ

Ref.16523

2位

デイトジャスト16233

ロレックス
デイトジャスト

Ref.16233

3位

GMTマスターII 16713

ロレックス
GMTマスター2

Ref.16713

4位

GMTマスター16700

ロレックス
GMTマスター

Ref.16700

5位

17013

ロレックス
オイスタークォーツ

Ref.17013

1位:デイトナ Ref.16523

デイトナ16523

ロレックス、スポーツモデルの中でも不動の人気を誇るデイトナですが、SSモデルに高級感をプラスしたSS×YG(イエローゴールド)のコンビモデルです。
またSSモデルにはない8ポイントダイヤモンドやシェル文字盤などの種類があり、無骨な印象のスポーツモデルの中でより一層華やかな印象を与えてくれます。
デイトナ買取サイトはこちら

2位:デイトジャスト Ref.16233

デイトジャスト16233

ロレックスの定番商品であるデイトジャストは瞬時に日付変更されるデイトジャスト機能を搭載し、実用性の高さと豊富なデザインに定評があります。
文字盤のカラーやインデックスのデザインなど複数の選択肢の中から選べるのもデイトジャストならではです。コンビモデルに関しては海外からの需要が高いのでスポーツモデル同様にドレスモデルの買取相場も高騰しています。
デイトジャスト買取サイトはこちら

3位:GMTマスター2 Ref.16713

GMTマスターII 16713

3か国の時間表示を可能にしたGMT機能がついているRef.16710のコンビモデルです。
16710は3種類のベゼルカラー展開ですが16713は黒ベゼル×黒文字盤と茶金ベゼル×ブラウン文字盤の組み合わせの2種類となっています。またスポーツモデルには珍しいジュビリーブレスの仕様になっているのでラグジュアリーな印象になっています。
GMTマスター買取サイトはこちら

4位:GMTマスター Ref.16700

GMTマスター16700

1988年頃GMTマスターの第4世代として誕生しました。
ベゼルカラーは通称「ペプシ」と呼ばれる青・赤ベゼルと黒単色の2種類あります。
当初は黒ベゼルの方が人気が高かったのですが海外需要もあり近年ではペプシの人気が高まっています。GMTマスターⅡの存在に押され、1999年には生産終了になりましたが
Ⅱには無いカレンダーのクイックチェンジができるモデルの為に未だに人気があります。

5位:オイスタークォーツ Ref.17013

17013

1977年~2000年初頭まで製造されたロレックス唯一のクオーツ時計のシリーズ「オイスタークオーツ」の
デイトジャストです。
現在ではクオーツ式の時計は製造されていない為、希少なモデルです。
一般的なデイトジャストとは違ってエッジが効いたデザインで、その独特のフォルムの虜になる方も多いです。オイスタークオーツではデイトジャストの他にデイデイト、チェリーニが製造されていました。

ロレックスは売ることも考えて買おう

冒頭でもお話した通り、ロレックスには相場の変動があります。安い時に買って高い時に売れる。そんな魅力のある時計です。ロレックスと他のブランド時計で購入を迷っている方、まずはロレックスを購入されることをおすすめします。ロレックスなら売りたくなった時にそこそこの値段で売れますからね(笑)。ただ、ロレックスにも人気・不人気はありますから、より高く売れるモデルはこの記事を参考に探してみてください。

ちなみに、当社の査定員がこんな記事を書いていますので、興味のある方はぜひお読みください。
※注:あくまで査定員個人の見解を述べた記事です。

ロレックス投資に興味がある人にまず読んで欲しい価格上昇の5つの要因

取引相場が上がりやすいロレックスを統計的に予想してみた

記事の平均評価

5/5 (1)

この記事はいかがでしたか?

Pocket
LINEで送る