ロレックスの文字盤はどう違う?種類と特徴を公開!

basic

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

ロレックスの時計は、文字盤も特徴的ですよね。時計の印象を左右する文字盤の種類は多く、同じ型番のなかでも全く違う雰囲気を醸し出してくれます。あまりに多すぎて、なかなかすべてを把握することも難しいのですが、今回はそんな文字盤を一挙にご紹介! それぞれの種類の特徴や代表的なモデルを公開していきます。

ロレックスの文字盤へのこだわり

ロレックスの文字盤は、単に種類が豊富なだけではありません。一つひとつの作りが細かく、洗練されたデザインのものばかり。細部までこだわりを見せるロレックスの姿勢は、文字盤へも反映されています。文字盤は後からでも交換することができるため、その時の好みによって時計の印象を変えることもできます。長く愛用できる時計を供給し続ける、ロレックスならではのこだわりといえますね。

こんなにある!ロレックスの文字盤の種類!

シェル

シェルと呼ばれる文字盤は、その名の通り天然の貝殻が使用されているものです。使用されている貝はマザーオブパールで天然ものであるため色合いや雰囲気もすべて異なり、この世に二つとない文字盤です。白蝶貝と黒蝶貝が基本で、白蝶貝からはホワイトシェル・ピンクシェル・イエローシェルが作られ、黒蝶貝からはブラックシェルと呼ばれるものが作られます。シェル文字盤が使われている代表モデルには、デイトジャストがあります。

サテン

細かな線を狭い間隔でつけたものをサテン仕上げといい、シンプルな表情を見せる文字盤です。使用されている代表モデルにはヨットマスターやデイトジャストがあります。

ホリコンピューター

ホリコンピューターと呼ばれる文字盤は、言葉のとおり文字盤にコンピューターで細かな文字を彫ったものです。近代的な印象もありつつ、凹凸があるため輝き感じます。さりげなくオシャレに見える、大人の雰囲気です。ホリコンピューター文字盤が使われている代表モデルとしては、デイトジャストが有名です。

コンセントリック

聞きなれない名称ですが、コンセントリックという文字盤は、円状の溝をつけた文字盤のことを指します。文字盤全体に円状のラインが入り、シャープな印象を与えてくれます。コンセントリック文字盤が使われている代表的なモデルには、デイトジャストがあります。

グラデーション

グラデーションとは、文字通り文字盤の色がグラデーションになっているものです。グラデーション文字盤が使われている代表的なモデルは、デイトジャストです。文字盤の中心が光っているような雰囲気もあり、神秘的な印象です。

メテオライト

メテオライトという文字盤は、隕石素材を使った文字盤のことです。石の風合いが独特で、高級感あふれる印象を与えます。メテオライト文字盤が使用されているモデルには、デイトナがあります。

ピラミッド

ピラミッド文字盤は、小さなピラミッドが格子状に配置されている文字盤のことです。パッと見は、キルトのような印象で、柔らかい雰囲気があります。ピラミッド文字盤が使用されている代表的なモデルには、デイトジャストがあります。

タペストリー

タペストリーという文字盤では、文字盤の12時側から6時側に向かって均等に縦線が入ります。光沢感が増し、高級感のある印象の文字盤です。TPOを選ばないシンプルなデザインのなかにも、洗練された大人の雰囲気が漂います。タペストリー文字盤が使用されている代表的なモデルは、サンダーバードやデイトジャストがあります。

文字盤は時計の印象を決める!

いかがでしたか? 文字盤といっても、いろいろな種類があり、それぞれ魅せる表情が異なるため、選ぶときには迷ってしまいますよね。文字盤は時計の印象を決める大切なパーツですから、自分が一番気に入るものを選んでおきたいですね。

他にも、こちらでは、ロレックス買取に精通した大黒屋の査定員がロレックスのモデルや価値を紹介しておりますので、ご覧ください。

記事の平均評価

まだ評価されていません

この記事はいかがでしたか?

Pocket
LINEで送る