最短3分で買取価格が判明!今すぐLINEで簡単査定する

ケリー

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

エルメスのケリーの歴史を紹介!素材や定価は?

エルメスの中でも世界的に人気の高いバッグといえば、「バーキン」と「ケリー」ですよね。「バーキン」の歴史や素材の特徴は別の記事で紹介させていただきましたが、今回は「ケリー」について紹介していきたいと思います。ケリーの誕生は1935年ですが、当時は「ケリー」という名前ではなく、「サック・クロア」という名前が付けられていたそうです。あるきっかけで世界的に有名になったこのバッグ、どのようにして広まったのか。まずは「ケリー」の歴史を紐解いていきましょう。

エルメスケリーの歴史は?

エルメスの代表的なバッグ「ケリー」は1935年に「サック・クロア」という名前で誕生しました。「サック・クロア」が「ケリー」と呼ばれるきっかけとなったのは、1955年ごろです。当時モナコ王妃だったケリー皇女が妊娠中のお腹をこのバッグで隠している写真が雑誌に掲載され、それが認知度を高めることになったのです。そこでエルメス社はモナコ公国の許可を得て、バッグの名前を「ケリー」と改名しました。改名した後は、皇女が持つバッグとして世界的にも有名になり、世界中のセレブを始め、多くの女性がケリーを持つようになったと言われています。

ケリーの種類や素材は?

ケリーの特徴として有名なのは、縫製の違いによる二つの表情を持っていることです。一つ目は、内縫いといって、生地を中に織り込み、縫製部分を隠しているものです。内縫いになっているケリーは、全体的に柔らかいフォルムが特徴で、女性らしさが漂うバッグです。また、もう一方は外縫いといって、内縫いとは反対に外側に縫い目を見せる方法で作られているものです。外縫いのケリーの場合、すっきりとしたフォルムが特徴で、フォーマルや仕事の場で活躍しそうな雰囲気を漂わせています。
そんなケリーは、サイズ展開も色々あります。ミニミニケリーと呼ばれる「ケリー15」、素材のバリエーションが豊富な「ケリー20」、持ちやすく、外縫い仕様が多い「ケリー25」、スリムでも収納力のある「ケリー28」、一番人気の「ケリー32」、少し大きめな「ケリー35」等、他にも多数の種類があります。
さらに、ケリーシリーズの中で人気があるデザインとして「ケリームー」という種類もあります。この「ケリームー」は、2007年に発表されたものですが、通常の手にかけるバッグではなく、折りたたんでベルトで締めるタイプのバッグです。他にも、ポシェットケリーと呼ばれる片手ほどのサイズのもの、機能性樹脂のケリーラキという種類のものもあります。
ケリーに使われている素材には、一般的に牛革、クロコダイル、山羊革、オーストリッチ、リザードなどがあります。

ケリーの定価はどのくらい?

気になるケリーの定価ですが、「ケリー25」の場合、180万円から290万円前後、「ケリー28」では180万円から300万円前後、「ケリー32」では200万円から300万円前後、「ケリー35」では250万円から300万円前後となっています。同じケリーであっても、種類やサイズ、色や素材の違いによって価格が異なります。

いかがでしたか?エルメスのバーキンに並ぶ人気のケリーは、もともと「サック・クロア」という別の名前だったのですが、モナコ皇女が持っていたことで注目を浴びるようになり、名前を変えたら急に売れるようになったということです。エルメスのバッグには珍しい、外縫いと内縫いという二種類があるケリー、縫い方ひとつ変えるだけでも表情が大きく変わるなんて面白いですよね。

記事の平均評価

まだ評価されていません

この記事はいかがでしたか?

Pocket
LINEで送る