最短3分で買取価格が判明!今すぐLINEで簡単査定する

インタビュー

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

ブランド品を高く売りたい方に知って欲しい「買取率」のこと

大黒屋の買取担当者が本音で答えるアンケート調査 第2弾!高く売れるブランド品はどれ?

「査定員の本音を聞こう!」ということで、大黒屋の買取査定員にアンケートを実施しました。

今回はその第2弾。

ブランド品を売るなら、少しでも高く売りたいですよね。

「大枚をはたいて買ったブランド品なんだから、きっと高く売れるハズ・・・」

そんな期待をもって、買取専門店を訪れる方も多いでしょう。

しかし、実際には思っていたような価格が付かないことが多いと思います。

高値が付く、というのはつまり、新品と中古品の値段の差が小さいということです。

このことを業界では「買取率が高い」といいます。

つまり、大切なのは、買取率なわけで、定価ではありません。

高額商品だからといって、買取率まで高いわけではないからです。

今回は、このあたりの解説からはじまり、高値が付きにくいブランド品と、そうでないブランド品を具体的に解説していきたいと思います。

高値がつきやすいブランド品とは?

そもそもブランド品の査定額は、相場やモデル、持ち込まれた時の状態などによって変わります。

当然ですが、使い込まれた使用済みバッグより、新品、ないしは未使用同然のバッグのほうが高値で取引されます。

しかし、同じ新品を持ち込んでも、高値が付くブランド品とそうでないものに分かれるそうなのです。

では「高値が付きやすい」とはどういうことでしょうか?

大黒屋の査定員は、「高値が付きやすい=買取率が高い」と考えています。

「買取率が高い」とは?

買取率について説明しておきましょう。

高級ブランドAと超高級ブランドB、2つのバッグを大黒屋に持ち込んだとします。

同じ時期に購入し、汚れ具合なども同レベルです。

それぞれの定価、大黒屋で提示した査定額は以下でした。

定価 大黒屋の査定額 買取率
高級ブランドAのバッグ 100万円 80万円 80%
超高級ブランドBのバッグ 500万円 250万円 50%

査定額だけで比べると、Aの80万円よりも、Bの250万円のほうが高いですよね。

しかし、超高級ブランドBのバッグの定価は、500万円だったのにもかかわらず、半額での買取りになってしまっています。

定価に対する買取率はわずか50%です。

一方、Aのバッグの定価に対する買取率は80%。

買取率だけで比べると、Aのほうがお得ですね。

つまり、定価が高いからといって、買取率が高いとは限らないのです。

そこで今回は、「買取率が高いブランド品とは何か?」を、アンケートをもとに解説していきたいと思います。

買取率が高いのはロレックスとヴィトン

本音アンケートを実施したところ、「買取率が高い!」と査定員が答えたのは、次のブランドです。

  • 11人中10人の査定員が
    時計はロレックス

    rolex

  • 11人中9人の査定員が
    バッグはルイ・ヴィトン

    louis_vuitton

時計はロレックス

高級ブランド時計には、ロレックス以外にも多数のブランドがあります。

査定員はそのなかでも特に、ロレックスの買取率が高いと感じているようです。

足助

定価はカルティエやオメガのほうが高いけど・・・

買取率が高い時計と言えば、断然、ロレックスです。

たしかに、定価の高いカルティエやオメガは査定額も高いです。

しかし、ロレックス以外の時計は、買取率がロレックスほどは高くありません。

定価の半額以上にならないことが多いんです。

「定価に対して、ここまで値が下がるの?!」と驚いたことがあります。

平井

ロレックス相場は安定している

ロレックスは安定して高値がつきやすいブランドです。

他の高級ブランド時計は、取引相場や為替に左右されやすく、買取率が安定しづらいですね。

急激に査定額が下がってしまうブランド時計も多いです。

しかし、ロレックスは他の取引相場が変動しても、査定額は下がりにくいです。

バッグはルイ・ヴィトン

高級ブランドバッグには、エルメス、シャネル、グッチなどさまざまな人気ブランドがありますね。

そのなかでも、「バッグならヴィトンが一番!」と査定員は感じています。

田中

エルメスやシャネルより買取率は上

ルイ・ヴィトンのバッグは極端に値崩れすることがありません。

たしかに、エルメス、シャネルのほうが、ルイ・ヴィトンよりも定価は高く、査定額も高いです。

しかし、買取率まで高いわけではありません。

いくら定価が高くても、買取率が定価の半分以下になることもあるんです。

足助

同価格帯のグッチやプラダよりも買取率は上

同じような価格帯の高級ブランドのなかでも、ルイ・ヴィトンは買取率が高いです。

グッチやプラダよりルイ・ヴィトンのほうが、査定額は安定しているイメージですね。

グッチやプラダは、アウトレットや並行輸入で定価より安く購入できるので、値崩れしやすいんです。

一方、ルイ・ヴィトンは安く買える手段が少ないので、値崩れが起きにくいです。

重信

状態が悪くても値がつく

ルイ・ヴィトンは、剥げていたり、素材の一部が裂けてたりで、状態が非常に悪くても、値段がつかないことは、まずありません。

時計もバッグも、定価が高いからと言って、買取率が高いとはいえないようですね。

では、ロレックスとルイ・ヴィトンのなかでも、特に買取率が高いとブランド品はどれなのでしょう。

さらに詳しく聞いてみました。

スポーツモデルのロレックスは強い!

ロレックスと行っても、スポーツモデルからドレスウォッチまで、数多くのモデルがあります。

ロレックスモデルのうち買取率が高いモデルについて、アンケートで聞きました。

もっとも買取率が高いと感じるロレックスモデルは?(査定員11人が回答)

1位 2位 3位

サブマリーナ

サブマリーナ

エクスプローラー

エクスプローラー

デイトナ

デイトナ

6人 3人 2人

詳しい意見を聞いてみましょう。

平井

スポーツモデルは圧倒的に高値がつく!

ロレックスのなかでも買取率が高いのは、サブマリーナやエクスプローラーといったスポーツモデルです。

時にはプレミアが付いて、定価を上回る査定額が出ることもあるんですよ!

「30万円で購入したスポーツモデルを査定したら、35万円になった!」というケースを知っています。

長谷川

ステンレススチール製のスポーツモデルは評価が高い

デイトナ、サブマリーナ、GMTマスター

定価が70万~300万円で、ステンレススチール製のスポーツモデルがいいですね。

デイトナ、サブマリーナ、GMTマスターあたりの買取率が高いと思います。(長谷川)

神谷

限定モデルよりも定番モデル

価格が安定しているのは、スポーツモデルのなかでもエクスプローラーやデイトナなど、いわゆる定番モデルですね。

「●●記念モデル」など、限定モデルの時計は価格が安定しません。

珍しいだけで、将来的に定価を上回るようなことはごく稀です。

若者に人気があって、スーツでもカジュアルでも着けられるスポーツモデル。

ユーザーも多いので、買取価格が安定しているようです。

ルイ・ヴィトンの最強はモノグラム、ダミエのネヴァーフル

ルイ・ヴィトンからは、毎年多くの新作バッグが発売されていますが、特に買取率が高いバッグを調べてみました。

中村

定番柄が一番!

モノグラム、ダミエ、ダミエアズール柄のバッグ

モノグラム、ダミエ、ダミエアズールなど、定番柄のバッグは買取率が高いですね。

多少古くても査定額は安定しています。

人気のバッグは中古市場でも高値で取引されます。

長谷川

柄はモノグラムより劣化が目立たないダミエ

ダミエ柄

買取率は・・モノグラムよりダミエ柄のほうがやや高いという印象です。

ダミエのほうが変色しにくく、シミもつきにくいからですね。

変色やシミが目立たないと、それだけきれいに見えますから、高値がつきやすいのでしょう。

重信

傷みにくいデザイン・形は値崩れしない

ネヴァーフル

人気モデルは、買取率が高いです。

なかでもネヴァーフルというトートバッグは、断トツで買取率が高いと思います。

カジュアルで使い勝手も良いので、今後も価格は安定でしょう。

また形に柔軟性があるので、擦れに強く、痛みが目立ちにくいことも影響していると思います。

張りのある素材で角が出ているアルマやスピーディーのようなモデルは、傷や型崩れが目立ちやすく、評価がそれほど高くありません。

  • モノグラムやダミエなどの定番柄
  • 人気モデルの「ネヴァーフル」が断トツ

ルイ・ヴィトンについても、ロレックスと同じように、定番モデルが強いということがわかりました。

まだまだある!買取率の高いブランド品

ロレックスとルイ・ヴィトンが圧倒的に強いことはわかりました。

ロレックスとルイ・ヴィトン以外で、買取率の高いブランド品には何があるのでしょう。

ロレックス以外の時計ブランドは?

神谷

世界三大ブランドの時計ならプレミアがつく世界三大ブランドの時計ならプレミアがつく

パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲ

世界三大ブランドと言われる、パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲの時計ならば、買取率は大幅には下がりません。

これらハイクラスのブランド時計は、自社生産でそもそも生産数が少なく、価格も飛び抜けています。

将来的にプレミアがついて定価を上回る可能性も高いでしょう。

ただし、あまりに高額なので、流通量も少なく、普通の人はなかなか手が出せないブランド品ですが。

世界三大ブランドは、ロレックスよりもさらにハイクラスの高級時計です。

プレミアが付くほどの貴重品で、なかなかお目にかかれない時計のようですね。

ルイ・ヴィトン以外のブランドバッグは?

堀井

「ケリー」と「バーキン」なら定価以上の値がつく・・・

ケリー、バーキン

買取率で言うなら、エルメスの「ケリー」か「バーキン」は定価以上の査定額になる場合もあります。

ただし「ケリー」と「バーキン」以外のエルメスは、半分以下の値しかつかないこともあるんですよ…。

モデルによって買取率が全然違います。

平井

スタンダードな「黒」に高値がつく

シャネルのマトラッセ

シャネルの「マトラッセ」のような定番バッグは、古いものでも高値がつきやすいです。

スタンダードな「黒」だと、さらにもっと高値がつくと思います。

まとめると、ルイ・ヴィトン以外のブランドバッグなら、買取率が高いのは以下です。

  • エルメスのバーキン、ケリー
  • シャネルのマトラッセ
  • 色は黒

いつの時代にも愛される定番が強いようですね。

本音アンケートを終えて

いかがでしたか?

高く売れるブランド品は、ロレックスやルイ・ヴィトンなどの、人気の定番ブランドですね。

なかでも、定番中の定番商品は、景気や流行に左右されることなく、買取価格が安定しているとのことでした。

あなたの家にあるロレックスやヴィトンも、高値がつくかもしれませんよ。

記事の平均評価

5/5 (1)

この記事はいかがでしたか?

Pocket
LINEで送る